JAMに入会すると
  1. JAMは、広告に使用される音楽の企画制作を行っている唯一の事業者の団体です。広告音楽制作事業は、広告主の企業のみならず、広告代理店、クリエーター、メディア、及びレコード会社、音楽出版社、マネージメント、作家、実演家等、多方面にわたる関連業界と協調することが必要であり、これに伴い著作権及び著作隣接権等知的財産権の取扱い及び保護について関連団体と密接に連絡、協議・交渉を続けています。
    JAMは、広告音楽の利用や著作権の適正な運用について、ACC((社) 全日本シーエム放送連盟)、JAC((社) 日本テレビコマーシャル制作社連盟)と協議し、会員に対しこれら情報を的確・迅速に提供し、また使用料規定の制定、統一見積書、標準契約書の作成を行うなど、より円滑な広告音楽の利用を促進すべく努力をします。
  2. JAMでは正会員社から出される制作管理表を基に作品のデータベースを作成し、会員社の作品を一括に管理しています。そのデータを基にCMタイアップ等のプロモーションに対して適切なアドバイス、効率の良い方法、また各種相談等を行っています。広告音楽制作に関する情報センターとして、出版社・プロダクション・レコード会社の方々に対して最新の情報を提供していきます。
  3. JAMの各委員会へオブザーバーとして参加することにより、新しい情報やより深い知識を得ることができます。JAMという組織を通じて広告音楽業界におけるビジネスのための広汎な情報を入手できます。


BACK TOP NEXT