条  文

解   説

第1条(本作品の特定)
広 告 主:
商 品 名:
楽 曲 名:
作 詞 者:
作 曲 者:
実 演 家:
原盤製作者:
作品の特定と権利者の明記
 第1条は、本作品の広告主、商品名、楽曲名を明示することによって本作品を特定するとともに、 作詞者、作曲者等の著作権者、並びに実演家(歌手、演奏者)、原盤製作者等の著作隣接権者をも明記しておくことによって、予め本作品にかかわる各種権利者の存在を確認する。
 なお、この他に二次的著作物の著作者として、編曲者、訳詞者等がかかわる場合も、これを明記する。

第2条(保証)
1.甲は、本作品の使用条件につき本確認書を締結するに必要な権限を広告主より授与されていることを乙に保証する。
第1項
 甲は、本作品の使用者である広告主に代わって本確認書を締結するのであるから、そのための権限を広告主よ授与されていることを乙に保証する必要がある。
2.乙は、本作品の使用条件につき本確認書を締結するに必要な権限を本作品の著作権者、著作隣接権者(以下、「著作権者等」という)、その他の権利者より授与されていることを甲 第2項 乙は、本作品に係わる著作権者、著作隣接権者、その他の権利者に代わって本確認書を締結するのであるから、そのための権限を上記権利者より授与されていることを甲に保証する必要がある。
3.乙は、広告主が本確認書に基づいて本作品を使用するにあたって、いかなる第三者の権利をも侵害するものでないことを保証し、万一、第三者による異議申立、金銭請求等の紛争が生じた場合は、これらの請求等から甲および広告主を免責し補償する。
ただし、当該紛争が甲または広告主の責に帰する場合はその限りではない。
第3項
 乙は、前第2項の保証に加えて、広告主が本作品を使用するにあたり、第三者のいかなる権利をも侵害するものでないことを保証し、万一、第三者から本作品の使用について異議が申し立てられ、また金銭的要求などの請求を受けた場合は、これらの請求から広告主および甲を免責し、自己の責任と負担において、これを処理、解決することが求められる。
第3条(使用目的と使用範囲)
1.本作品は、広告主の広告・販売促進等のマーケティング活動を目的として、複製し、使用するものとする。 第1項
1.複製・使用の定義

 ここでいう複製・使用とは、広告目的に使用するための本作品の複製を指し、放送用素材や店頭での上映、演奏等、当該使用範囲における必要最小限の複製をいう。
 CD-ROM等の複製物への使用は、著作者・実演家等による制限が生じている場合があるので十分留意し、協議のうえ使用の範囲を明示する。

2.使用方法の原則と例外の扱い方
 広告音楽は多くの場合、テレビCM、ラジオCMの制作における構成要素の一つとして制作が行われ使用されるが、ときには広告上のツールとして単独に使用される場合もある。使用の目的・方法などについては互いに正確に意思確認を取りあうことが大切である。

 本作品は原則として楽曲(詞、曲)を一体のものとして使用し、著作物の同一性保持を原則とするが、企画の内容によって、それぞれを単独に使用することもある。この場合は、甲乙協議してその取り扱いを決める。

2.本作品(全部または一部)は、下記の媒体、地域、期間において広告主が独占的かつ排他的に使用することができるものとする。
(1)媒体:
(2)地域:
(3)期間:〔以下、a、b、cの中から1つを定める〕
第2項
1.使用範囲の取り決めについて
 今日のマーケティング活動では、媒体、地域、期間にかかわりなく同一テーマ、同一メッセージを伝える統合的な活動が一般的であり、戦略上でもより重要になっている。しかし、設定される音楽制作費の金額の違いや特定の媒体・地域特性を生かした計画もあるので、選択肢を設け、設定範囲に自由度を持たせることとした。

本作品を使用する媒体、地域、期間については、甲は広告主の意思を十分に確認し同意を得た上で乙と協議する。乙もまた、権利者等の意思を十分に確認し同意を得た上で甲と協議する。この確認書によって取り決めた媒体・地域・期間の範囲を明記し、使用上の解釈の違いをふせぐ。
 特別の媒体、特別の使用方法等がある場合は、甲乙協議して取り扱いを定め、その旨を具体的に明記することとする。

a.本作品の使用期間は、
当初1年間 (平成 年 月 日〜平成 年 月 日)とし、1年後の使用については、別途協議し、契約によって定める。

b.本作品の使用期間は、
平成 年 月 日〜平成 年 月 日とする。

c.本作品は、使用期間としての制限を設けない。
2.使用期間の選択について
 使用期間の取り決めは、使用者側と制作者側の間に認識のズレの生じやすかった事項で、この確認書における最も重要な取り決めの一つである。広告主の意思を確認し、a、b、c3案のいずれかを甲乙間で協議検討して定め、明記することとする。

3.JASRAC信託契約者の場合の扱い
 著作者のなかには、(社)日本音楽著作権協会(以下、JASRACという)と著作権信託契約を交わしている場合があるのでよく留意し、事前に十分協議をして、その取り扱いを定めるものとする。その場合、乙は、著作者よりJASRACの承諾をとるなど必要な措置をとり、本作品の制作・使用に支障が生じないようにはかる。
特記事項
〔以下のような場合には、誤解の生じないよう条文中に付加し明確にする。〕

(i)本作品をインターネットに使用する場合はその旨を明記し、甲乙協議の上、使用目的、方法等の詳細を記載する条文を付加する。

(ii)使用媒体、地域、期間等範囲の決定に際し、特に留意する事項あるいは特別に限定する事項があれば、予めそれを記載する条文を付加する。
1.インターネットの場合の扱い
 使用媒体にインターネット(ホームページでの使用等)を含む場合は、予測し得ない出来事が生じることもあるので、(将来、インターネット利用の明快なルールができるまでは)トラブルを防ぐため万全を期して甲乙で慎重に協議し、使用方法などについて定めることとする。その際には、インターネット対応としてインタラクティブ送信(自動公衆送信権)はもちろんのこと、送信可能化権(サーバーへの情報のアップロードや電気通信回線への接続など)を含めて協議する。

2.特別に限定する事項について
 特記事項(ii)にいう「特別に限定する事項」とは、著作者、実演家等において、止むを得ぬ事情による特別の申入れがあり、契約時において制限が生じる事項を指す。

3.前二項の定めにかかわらず、広告主および甲乙は、広告コンクール等への出展、調査・研究・研修等の素材、社史・企業案内・事業活動等の紹介、またはこれらを記録保存するために、本作品の全部または一部を使用することができる。 第3項
当事者による目的外使用の特例

 CMの質の評価・向上に役立つ各種広告コンクール等への出展や、広告活動の実施上必要となる調査・研究・研修のための素材としての活用、社史・企業紹介・事業活動記録のための保存等(データベースを含む)の使用に関しては、広告主、甲乙は互いにこれを認めるものとする。
BACK MENUNEXT