広告音楽使用条件確認書(JAMモデルフォーム)(裏)

1.一般規定
1.対価
甲が乙に別途支払う本作品の音楽制作費には、本作品の制作関係者(作曲家・作詞家・実演家・原盤製作者を含む。以下「制作関係者」という)への報酬ならびに第2項に定める範囲での本作品の使用対価を含みます。

2.保証
甲、乙は本確認書を締結するために必要な権限を当該権利者より授与されていることを相互に保証します。乙は広告主が本確認書に基づき本作品を使用するにあたり制作関係者、社団法人日本音楽著作権協会(以下、JASRACという)またはその他第三者のいかなる権利をも侵害するものではないことを保証します。万一このような保証事項について異議申立て、金銭要求その他の請求が生じた場合、乙はこのような請求等から甲および広告主を免責し補償します。ただし、当該紛争が甲または広告主の責に帰する場合はその限りではありません。

3.使用範囲の変更
甲は、乙に対し、甲、乙別途協議して定める追加の対価を支払うことにより、第2項に定める本作品の使用範囲を変更することができます。

4.付随的使用
第2項の規定にかかわらず甲、乙および広告主は、広告コンクール等への出展、社史・企業案内、研修、その他自己の事業活動の紹介を目的として本作品の全部または一部を使用することができます。

5.目的外使用
乙および広告主が第2項に定める使用目的および範囲以外に本作品を使用し(CD等による商品化を含む)または第三者に使用させようとするときは、広告主、甲、乙は別途協議の上その取扱いを定めます。

6.その他
広告主、甲または乙が本作品に係わる自己の地位を第三者に移転する場合は、速やかに他の当事者に通知するとともに、自らの責任において本確認書に基づく権利義務を当該第三者に同一条件で承継させなければなりません。
乙は、第2項に定める使用期間終了後に本作品を使用する場合は、事前に広告主並びに甲へ通知し、確認することとします。
 
その他本確認書に定めなき事項に関してはJAM「広告音楽ハンドブック」に記載の「広告音楽の使用に関する確認書」に準処します。

本確認書を3通作成し、広告主、甲、乙各々記名押印の上、各1通を保有する。
 



本確認書の内容について同意します。

年   月   日

広告主
所在地:
社 名:
役 職:
氏 名:

JAM確認書書式 2000-A


BACK MENU NEXT